趣味

ピントの合ってる場所が違うとは!?【まつもtoなかい】甲本ヒロトと菅田将暉の対談vol.01

投稿日:

ゴールデンに甲本ヒロトさんのトークが見れる日が来るなんて

全国1億2000万人の甲本ヒロトさん・松本人志さん・中居正広さん・菅田将暉さんファンのみなさま、こんにちは。

先日、土曜のゴールデンタイムに甲本ヒロトさんが歌ではなくトークでテレビに出演していました。

この時間帯は、ゴールデンで、視聴者数も多いためCM料金も高いんです。

 

番組名は【まつもtoなかい】メインMCは、お笑い界の神様ことダウンタウンの松本人志さんメインMCは、お笑い界の神様ことダウンタウンの松本人志さん、国民的アイドルグループSMAPの中居正広さん。

(ここからは敬称略します。すみません)

 

番組を見つけたときの私の頭の中

最初にテレビのラテ欄を見たときに、「松本」「中居」「合わせたい人」のキーワードが目に入ったんです。

この3ワードが目に入った瞬間に「甲本ヒロト」の名前が頭に浮かびました。そんな方もきっとたくさんいたと思います。

たぶん「伝説の教師」で松ちゃんと中居くんがW主演して、主題歌がザ・ハイロウズの青春だったからとか、松ちゃんの結婚祝いに甲本ヒロトがサプライズで歌を歌ったとか、ごっつええ感じ?で乳首相撲したとか、アルバム「ロブスター」のジャケットを松ちゃんがデザインしたとか、松ちゃんが甲本ヒロトさんのことが好きだとか、そんな細かな情報が全てあったからだとは思います。

※1998年メイン★ロブスターツアーのフライヤーやビニールバッグやら。

 

そしたら次は誰と合わせたいのかな?ってなったときに「菅田将暉」くんかなと浮かんだわけです。

たしか彼は、ザクロマニヨンズのライブを見に行くぐらい甲本ヒロトさんが好きで、ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で教師役をしたときにクロマニヨンズの「生きる」が主題歌でした。そして、何よりダウンダウンが好きだったと。

 

ラテ欄を見ると、ありましたよ、その名前が「菅田将暉」。

 

ここで私は確信しました。

はい、勝利を確信しました。

ボートレースで4号艇に峯竜太選手がいたときのように

今年の日本シリーズでソフトバンクと巨人がDH制と決まった瞬間のように

確信しました。

 

これは間違いなく「甲本ヒロト」と「菅田将暉」が対談すると!

 

そこから勝ちが確定するまで、時間はかかりませんでした。

「甲本ヒロト」の名前を見つけました、対談相手は「菅田将暉」です。

はい!やっぱり!念のため、テレビの録画予約しました。

 

番組がスタート

番組冒頭で、松ちゃんが「俺いらんのちゃうかな。俺じゃまやな」と言います。

ここで私は「もしかしてヒロトと菅田くんの2人じゃなくて、4人の対談なの?おっとこれは想定外。てっきり、対談の様子を副音声とかでモニタリングしてるのかと」と思った。松ちゃんが「俺じゃまやな」というのに納得。

でもこの時間帯に甲本ヒロトさんがトークをしてくれるだけでも、ミーハーな私は嬉しいんです。OKです。最高です。

ロブスターのジャケットは、かなり好きだな。

全体的に丸みをおびたフォルムの優しくて可愛いロブスター。
ハイロウズのアルバム「ロブスター」は、音も歌詞も鋭かったり突き刺さるような感じなのに、ジャケットは可愛い。ジャケット詐欺なんじゃないかと思うくらい笑。

 

甲本ヒロトが登場、独特なたたずまい

幕が上がって「生きる」が流れる中、ただ突っ立てるのかと思いきや、らしいポージングで登場の仕方から甲本ヒロトでした。
これには松ちゃんも「もうこの登場も天才だわ、天才の登場だわ。」と感服している様子。

※紹介VTRで流れた曲
ザ・ブルーハーツのリンダリンダ、ザ・ハイロウズの青春、ザ・クロマニヨンズのクレーンゲーム。

 

中居くんから質問「ヒロトさんはおいくつになりました?」
ヒロト「57」(生年月日:1963年3月17日の57歳)

松ちゃん「あの、学年ではヒロトさんが一個上なんですよね、卯年で生まれ歳は一緒。生きる伝説ですから」

中居くん「いろんなことを聞いてみたい。何を見て何を聞いて育ったのか」

と話がふられます。そしてヒロトから最初の名言が・・・

 

ピントが合ってる場所が違う(甲本ヒロト)

あのね、同じ世界に生きてるから
同じものを見てるはずなんですよね 
おなじものをきいているんですよ
でもね、おもしろいもんで

あの 同じところにいて 同じ方向を向いてるから

同じものが見えてるとは限らなくて

それはどういうことかと言うと

ピントの合ってる場所が違う

見えてるものは同じでもピントが違う
ここだったら指が見える、あそこに椅子が見える みんな違うものを見てる

僕はただたまたま中学一年の時に

ロックにピシッとピントがあった そんだけのこと

 

響くこと言うでしょ、なんか響くこと言うでしょ

ヒロト「老眼ってあるんですか?」

松ちゃん「あるあるある」

ヒロト「その代わり、遠くがどんどんぼやけてくる。そのタイプでよかった。なんでかっていうと、近いものを見たい、遠くのものって見えなくてもたいして影響ないんですよ。ここのやつらが自分にがなんか」

ここで

松ちゃん「響くこと言うでしょ、なんか響くこと言うでしょ」

中居君「悔しいね、なんか」

そうそう、そうなんです。

 

甲本ヒロトさんの話って自然に名言というか言葉の力が溢れ出てるんです。

いろんな雑誌を購入して、いろんなテレビを見てきましたが、普通のトークをしたときに、普通では聞けない名言が出てくる。ただおしゃべりしてるだけなのに、ロックの神様がおりてくる。はじまったな、素敵な夜が。

 

ここで菅田将暉さんが詳細されて、登場します。

「Vol2」に続きます。

 

【まつもtoなかい】2020年11月21日(土) 21:00~23:10 フジテレビ

-趣味

Copyright© 夢を声に出すことの大切さ , 2021 All Rights Reserved.